ご案内

木製フレーム製造工程

国内の提携企業が製作している木製フレームは、1枚1枚職人の手作りで海外製と比べて寸法の狂い等が少なく高品質との評価を頂いております。
ここでは木製フレームの製造工程をご紹介します。

仕入れ

1. 板材を仕入れ、材料の種類ごとに保管

現在はポプラ・アユース・タモ、その他(ウォールナット・ブナ材・ツガ・アガチス・ラミン・パイン・桐等)の木材を商品によって使い分けています。

仕入れ

・ポプラ:塗装面が綺麗に仕上がります。

・アユース:きめが粗い。木の色を生かします。

・タモ:堅くて反りにくい。キメが細かいので塗装の色がきれいにでます。

成型作業

2. 材料を加工する

材料を木取り、プレナで板厚をそろえ直角のカンナをかける。傾斜盤・ギャングリッパーなどで加工したあと、モルダーでフレームの形を作り、ダブルソーを使ってトメを作る。

プレナ、ダブルソー

木取り  板材から部材を切り出す作業。

プレナ  板材の厚さを決め、表面のざらつきを取る。

傾斜版  面取りミゾ取り等に使用。用途によって刃を替える。

ギャングリッパー  一枚の板から数本の角材を作る。

モルダー  角材から各種フレームの形状の棒にする。

ダブルソー  モルダーで出来た棒を寸法に合わせてカット。トメを作る。

組み立て

3. 加工した木材をフレームに組み立てる。

高周波を使い、棒(サオ)の四隅を接着する。四隅が割れないようにチキリをつける。(四隅にチキリを入れることによってフレームの強度がまします。) ワイドサンダー・ベルトサンダーなどを使い、組み終えたフレームの形を整える。

チキリ、ベルトサンダー

高周波  トメに塗った接着剤を熱を使い硬化させ、短時間で強く接着できる。

ちきり  フレームの強度を増すために角四箇所に埋め込む木材。

ワイドサンダー  機械にフレームを流すことで、表面にペーパーがかかりきれいに仕上がる。

ベルトサンダー  回転するペーパーでちきりなどを削る作業に使用。

NCルータ  曲面加工やミゾを切削(この機械によって幅広い製品の製造が可能)

塗装

4. 下準備をして塗装する。

3.の工程を終えたフレームに、ペーパー(やすり)がけをする。その上に下地(表面のざらつきをなくし、色むらができるのを防ぐ効果があります。)をかけ、さらにペーパーをかける。下地をしたものにさらにペーパーをかけることによって、表面をより滑らかにします。

ペーパーがけ、下地

仕上げ

5. 仕上げの作業をして出荷します。

フレームの裏に吊り金具とトンボをつける。アクリル板またはエンビ(アクリル板より薄くて安価)と裏板をセットし、紐・コーナーをつけて袋に入れ、梱包して出荷します。

仕上げ作業、梱包

お問合せはこちらへ

法人・大量注文をお考えの方はこちら↓↓↓

法人・大量注文専用窓口

アフィリエイター募集

おもてなし認証マーク

店長日記

ごん子

こんにちは。製作担当のごん子です。真心を込めてパズルを製作し、皆様に送り届けたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ